注文住宅の費用の内訳を徹底解説!

建物とその周りの工事にかかる費用とは?

注文住宅を建てる時にかかる費用は、大まかに本体工事費用と付帯工事費用、諸費用の3種類にわかれます。まず、本体工事費用には仮設工事や基礎工事、木工工事や外装や屋根、窓、タイルや断熱材、水道管や電気設備の設置などまで、建物そのものにかかるあらゆるものの費用が含まれています。注文住宅を建てる場合の本体工事費用は、総費用の75~80%程度です。一般的に、ハウスメーカーの広告などに表示されている金額は、本体工事費用だけを指していることが多いので予算オーバーにならないように十分注意しましょう。 また、付帯工事費用とは庭や門、駐車場などの外構や配管を施設内に引き込むための工事などにかかる費用のことを指しています。もともと建っていた家を壊して新しく立て直す場合の費用がかかる場合もここに含まれます。土地の条件などによっても変わりますが、総費用の15~20%程度が目安です。

建物にかかるお金だけじゃない!意外と忘れがちな諸費用に注意

諸費用とは、注文住宅とその周りの建築工事にかかる費用以外の費用のことです。具体的には、契約時に発生する手数料や印紙代、家を購入した時に発生する税金、住宅ローンを契約する時に関わる費用などがあります。その他にも出来上がった住宅に引っ越す際の引越し代や家具や家電を新しく購入する場合の購入費なども含まれています。また、地鎮祭や上棟式の謝礼やお供え代、ご祝儀、近隣の方へのご挨拶用の手土産なども諸経費に入ります。
諸費用は総費用の5~7%程度のことが多いですが、現金で支払うものが多く含まれていることが特徴です。イメージしづらく忘れやすいため、注文住宅を建てる時に必要な経費として理解しておき、しっかりと事前に準備しておくと良いでしょう。

新築一戸建てとは、新しく家を建て、誰も使っていない独立した住宅のことをいいます。新築マンションは戸建てではなく、集合住宅です。