気になる注文住宅のトータルの相場は?

注文住宅の相場はいくら?

注文住宅は約2000万円台~3000万円台が一般的です。 2000万円台~3000万円台の費用の内訳を大きく分けて「土地代」「建築費用」「諸経費」に分けられます。 土地代は都心では建築費用を超える土地代を払うことになりますが、地方になると都心よりも安くなります。また、土地によっては土地の改良費用が発生するため注意しましょう。 建築費用は建物を建てるときに発生する費用となり、土地代と違い地域によって価格が大きく上下することはありません。 ですが、ハウスメーカーに依頼するのか工務店に依頼するのかで金額が異なり、一般的に工務店にハウスメーカーと同レベルの建築物を頼んだ場合、約3割ほど安くなると言われています。 諸経費は、土地を取得する際の登記登録免除税や司法書士に依頼する際の報酬などが入ります。

費用ごとの注文住宅の違いとは?

建築費用に予算をかけることで出来る住宅はよくなりますが、地域によっては土地代に大きく予算をさくことになります。 建築費用に1000万円台の予算をかけた場合、一般的にコストカットしたシンプルな住宅になるため、屋上などの設置はできず、外壁もシンプルなものになり、内装設備も安価なものになります。 2000万円台の予算をかけた場合、外壁を凝ったものにしたり、最新式の内装設備を選択したりと、1000万円台の家から選択肢が増えることになります。ですが、やはり全てをグレードの高いものにするということはできませんので、基本的に1000万円台に近い建物になります。 3000万円台の予算をかけた場合、概ね想像している住宅を建てられるので、最新の設備を導入した内装、外装も塗装したりとこだわることができます。ですので、こだわった家を建てたい場合は、3000万円台の予算を建築費用に用意する必要があるので、注意しましょう。