失敗しない資金計画のヒント!

注文住宅を建てるのにかかる費用とは?

注文住宅を建てる際にかかる費用は、建物本体の価格だけではありません。建物の本体価格だけでなく、様々な費用が諸費用として発生します。まずは外構工事です。この外構工事の費用は建物の請負代金にふくまれていないことがほとんどで、希望すると追加費用がかかります。次に登記費用です。この登記費用は、住宅ローンを利用して注文住宅を建てる場合、金融機関が土地・建物に抵当権を付けるため、必要となってくる費用です。登記費用には土地家屋調査士に対して支払う建物表題登記の報酬及び司法書士に対して支払う所有権保存登記や抵当権設定登記等の報酬及び印紙代となります。注文住宅を建てる際の資金計画には、建物の価格のみならずこれらの諸費用も加味しなければなりません。

資金計画をたてるにあたって注意すべき点とは?

注文住宅を建てる場合においては、諸費用の値段が概算どの程度かかるのかをあらかじめ調べておく必要があります。諸費用は数十万から数百万かかることもあります。住宅ローンを利用して注文住宅を建てる場合、諸費用を加味せず建物の価格だけで借入額を決定すると諸費用が払えないという事態になりかねません。また資金計画にあたっては、入居後も無理なく返済できるかという点も考慮に入れる必要があります。せっかく希望の家を建築できたとしても、月々の返済額が収入と比べると過大である場合、入居後の生活にゆとりがなくなるといった本末転倒な事になりかねません。さらに最悪の場合だと、収入の減少に伴い住宅ローンが返済できなくなり、家を手放さなくてはならない事態も起こりえます。